仕立てのランク


エルガルディのオーダースーツは、以下の3つの仕立てからお選びいただけます。

標準仕立て 半毛芯 高級仕立て 総毛芯 デラックス仕上げ 総毛芯


高級仕立て 総毛芯 \40,000(税別)

高級仕立て 総毛芯
本台場仕立て

表地を内ポケットの周りにまで延長して縫製する加工法。
多くの生地と手間を掛けた贅沢な仕上げです。
 

補強芯

部分的な強度を増すために使用される補強の芯。補強芯が増えれば増えるほど、かがりつけるのに手間がかかります。
 

総毛芯(台芯)

裾が前方向に開かないように前身裾まで台芯が施されています。

 

【 付属品の仕様 】

・ボタン…水牛
・裏地…ベンベルグ(キュプラ)


高級仕立て 総毛芯
シマスレキ

「綿」と「ポリエステル」の混紡素材。
タテ糸・ヨコ糸が「綿100%」で構成されています。
柔らかさに優れ履き心地も良くポケットの袋地にもパイピングがしてある為、着用時にめくれにくくなります。
腰回りのフィット感の違いは、高級仕立てならではのもの。はいていただくとすぐに実感・納得していただけます。

デラックス仕上げ 総毛芯 \60,000(税別)

デラックス仕上げ 総毛芯
仮縫い付き

 

肩バス芯

馬の尻尾の毛を練り込んだ特殊な芯を贅沢に2枚使用。
 

総毛芯(台芯)

台芯にも馬の尻尾の毛を練りこんで、縦の張りを持たせて、より型崩れしにくくなった高級仕立て。

 

【 付属品の仕様 】

・ボタン…水牛
・裏地…ベンベルグ(キュプラ)


デラックス仕上げ 総毛芯
シマスレキ

素材は高級仕様と同じですが、腰裏にもパイピングが施されており脇ダーツがない分、本体をロールさせ後ろ身の巾を広げることによって身体によりフィットします。
デラックス仕立てならではの仕様で、腰のラインに沿って立体的に裁断・縫製され緩やかにカーブしたラインは、どんな動きにもフィットし、最高級のはき心地をご提供します。