FMおかやま


ガルディの縦糸と横糸

ガルディの縦糸と横糸

縦糸は創業から受け継いでいる精神と技術力、横糸はお客様とのつながり、各店舗ごとのつながり、スタッフとのつながりなど人とのつながりだと思っています。縦糸か横糸どちらか一方ではなくどちらもがすごく重要であり、縦糸と横糸両方がないと成り立たないと考えております。
会長の西野が、ガルディが30年後まで生き残るには何をすべきか考えろという宿題を出されたのですが、自分が今までやってきたことを他のスタッフに継承して、スタッフがやっていけないと30年後まで生き残れない、と感じました。
ガルディのオーダースーツは型紙選びや採寸など細かい技術が必要です。自分でするのではなく自分以外の人にやってもらうことが出来ないと30年後のお客様の喜びにはつながらないと思っています。ガルディのビジネスはそういったところにあるかなと考えております。

2018年11月7日(水)


成人式まであと2ヶ月

成人式まであと2ヶ月

ベスト付きスリーピースのご注文が多く、新成人だけで来られる方は個性的なデザインや色、柄を選ばれる方が多いです。親御さんと一緒に来られる方は成人式だけでなく、ビジネスシーンや結婚式など他の用途もお考えでスーツ作りされる方が多いような気がします。
おすすめは、ベスト付きスリーピース。上着の下襟が肩に向けてとんがっているピーク襟を取り入れたコーディネートです。全体的な体のラインは、体にぴったりしたものが流行っていたのですが、最先端を行くのであれば気持ちゆったり目の方がかっこいいと感じます。また、色や柄は茶系のスーツ、それに合わせるシャツの色は薄目のブルーや薄ピンクといったもので、シャツ襟やカフスは白にすると合わせやすいと思います。デザインや色、柄も大事ですが、体にビシッと合ったサイズ感でスーツを着こなすことが一番おしゃれに見えるポイントだと思っています。

2018年11月14日(水)


ラジオでガルディ体験

ラジオでガルディ体験

何といっても生地選びですね。店舗によって色々なんですけど、約120~160種類ある生地の中からお好みのものを選んでいただいてます。
無地、ストライプ、チェック柄、その中でも明るいものとか濃いお色味とか、いろいろありますが、一番はお客様の着用目的に合わせて提案させてもらってます。
次に、アンケート用紙を使ってお客さんと話し合って決めていきます。パンツにタックを入れるか入れないかとか、ベストを付けるとか付けないっていうのも、このアンケートで決めていただきます。
そして、いよいよ採寸です。お客様のこだわりの細部まで忠実に反映するために、正確に採寸していきます。採寸は、実はそれほど時間がかかりません。約5分くらいで終わります。
続いて、デザインブックを使ってデザインを決めていきます。これで完了になります。大体4週間前後で完成します。

2018年11月21日(水)


もうすぐ師走ですね

もうすぐ師走ですね

本当にあっという間にこの1年も過ぎました。まずは何といっても、原尾島店の店長に就任するという私にとって大きな出来事が起こった1年でした。
前任の西野が原尾島店の店長として18年間やってきた歴史がありますから、その分緊張感をもって店頭に立ちました。それまでは約3年間、野田店でスタッフとして働いていましたが、上司とか仲間達が店頭にいてくれました。店長になると、ほぼ一人なのでプレッシャーもあります。1人でやるということは自分の思うようなお店作りとか、接客ができるので、楽しみながら毎日過ごしてます。2019年は、心機一転という方もそうでない方もぜひ新しいスーツでスタートしてみてはいかがでしょうか。

2018年11月28日(水)


FMおかやま:フレッシュモーニング岡山