残念を考える。

私の中でオリンピックが終わりました。

今朝のサッカー男子3位決定戦、前後半見るのはしんどいので

後半開始の時間に目覚まし携帯をセットし後半から観戦。

おいおい、1点取られているじゃないですか。

まあ、でも現代サッカーにおいて1点差は別に何ともなし。

逆に追加点を早めにとれないと終われる姿勢になり心にかける負荷は追う側より大。

と、気持ちを前向きにし後半開始。

なんじゃこりゃ??

相手の高い位置からのプレスに対し何の対処・対応もなしにパスを回している

中盤においてのダイレでのパス回しはエレガントな日本も

最終ラインのそれはかなり危険なにおいがする(A代表だとこの辺が安心してみられる)

案の定、中途半端なパス回し(出すとこないから取りあえず視野に入った受け手に出す的な)から

サクッと奪われ何度も危険な場面を迎える。

予選からこの方、中盤におけるクサビの精度は影をひそめ

縦に入れるボールはことごとくかっさらわれ、臆病になったボランチは頻繁にサイドか後ろにハタキを選択

まったくイメージないねぇ…と思っていたらキーパーフィードの一本であっさり2失点。

その後韓国のプレスも疲労からか甘くなり始め相手ゴール前へ何度かボールが入る場面が現れるけど

綺麗なフィニッシュまでは到達できず苦し紛れのフィニィッシュばかりで全然得点のにおいがしない。

残り10分になってもサッカーに変化が現れないので「こりゃだめだ」とベッドにgo。

いつもの6:30に目が覚めTVをつけると案の定で2-0の完封負け。

 

そのあと弁当をこさえたりワイシャツにプレスを掛けたりしながら「あの状況で何をしなければならないのか?をもくもく考えた。

前半は見ていないからわかんないけど、まずは韓国の前線からのプレスに対しては

リズムがいつも通りの日本はパスの選択肢を見つけることが出来ず

安易なコースばかりを選択していた。そのリズムを変えるために受け手と出し手のスピードと位置関係を

変化させることにより相手選手に無駄走りをさせる。

中盤・ボランチはクサビ(縦ボール)に対して早めのバックプレスを掛けてくる相手に対して

距離の長いクサビを変化なく入れていた。相手はリトリート(見方との距離感を保った亀陣形)した状況の中に

安易に距離の長い縦パス入れても通らないなら、人数をかけて短い縦パスをダイレクトでほうりこんでいき

密集した状況から永井なり大津なりが二列目から裏を狙って走り込めばもっと形になったような気がします。

 

ここまで考えて「おっ、ブログのネタにしよ♪」と現在PC打ち込み中。

知ったような知らないような文章になりましたが

僕の薄っぺらな知識で昨日の日本評を書いてみました。

こうやって文章にすると試合を見てモンモンとしたものがすっきりしてきます。

もっとも、僕の基礎知識はIMAITHMですかヘ(__ヘ)☆

 

 

ちょっと視点を変えてみると代表に限らず県内リーグでも言えるところが

目白押しで勉強になります。

 

また私の師匠(監督)に総評でも聞いてみよ♪



コメント

コメントはまだありません。

コメントする