目からうろこ。

毎週木曜日

おこがましくもお休みを頂いているのですが

倉敷市老松で月に一度、カットに言っている美容室、hair forceというお店があります。

何を隠そう、私が参加しているサッカーチーム岡山県1部リーグ所属、fc.forceの

監督が経営しているお店である。

私生活は傍若無人を絵にかいたような私ではありますが

唯一無二の心から尊敬している人なのです。

サッカーのことはもとより、人生においても血肉になる話を聞かせてくれる人。

そしてこの間の木曜日、話に聴かせてもらったのが

その人の好きな言葉。誰にも座右の銘はあるものですが

なんでも美容師の修業時代、講師の人に聞いて今だに心に響いている言葉

「心は形をあらわし、形は心をすすめる」ということば。

例えば感謝という言葉を形であらわせば、”手を合わせ”て感謝し

形を現した”手を合わす”という行動は感謝という心をさらに高めるという。

昔から学校でよく聞く「服装の乱れは心の乱れ」

見る人が見れば形を見ただけで心まで見透かされるという解釈である。

僕はその日のカットからの帰り道、心で咀嚼するのに一生懸命でした。

 

心…ということば。

 

エルガルディの経営理念、「心」。

そして僕が子供の名前を付ける時、芯になった言葉が心。

和志、愛。二人とも心を失わない人間になって欲しいとの思いから

漢字に心を用いました。

 

心は形をあらわし、形は心を進める

 

ネットで調べると、どうやら仏教用語であるらしいが

はっきり言って本当の解釈なんてその人の人間性・人生観で千差万別

僕は文字の通り心は心で受け取ります。

 

さて、僕が表わす形とは

真に心を高いところへ持っていける表し方をしているだろうか?

 

まだまだです。いや、まだまだ。

 



コメント

コメントはまだありません。

コメントする