先輩の声VOICE

フロアスタッフ 植田 剛史

 

 

入社したきっかけは?

植田 剛史専務の難波が小学校・中学校の先輩で兄の友人でもあり、縁がありました。また、以前勤めていたアパレル業の経験を活かせる仕事だと思い、入社しました。

 

最初どう思った?
正直、最初はこの岡山でオーダースーツが本当に売れるのかという疑問がありました。でも実際はリピーターの方から新規の方まで、たくさんのお客様がいらっしゃることにびっくりしております。

 

現在の仕事内容は?
生地選びから採寸など、接客を中心に担当しています。出来上がったスーツをお客様に着ていただき、喜んでいただいております。

 

やりがいは何ですか?

植田 剛史

まだ自分は入社して半年なので、自分で採寸までは出来ますが、型紙を書くことが出来ないんです。型紙とは、お客様の体型やスタイル、体のクセなどを分析して作るものです。将来的には採寸から型紙まで、自分ひとりですべてが出来るようになりたいと思っています。自分が作ったスーツを着ていただいて、笑顔になっていただくような、そんなテーラーになりたいです。

 

休日の過ごし方は?
休日はですね、やはり家族と過ごすことが多いです。子どもがまだ小さいのもありまして、子どもとの時間を大切にしています。あとはできるだけ外に出るようにして、世間の流行だったり、いろんなことを肌で感じるようにしています。あとは美味しいものが好きなので、情報が入ってきたら、そういったお店に食べに行くのが好きです。