四コマ漫画

4コマまんが:ボタンのかけ方

003 ボタンのかけ方

ジャケットの一番下のボタンは締めないというのが、着こなしのルールになっています。
2つボタンの場合は上のひとつだけ、3つボタンの場合は基本的には真ん中のひとつとなります(衿のデザインによっては上2つを締める場合もあります)。

ヘイスケ君が失敗したように、レディースの場合一番下のボタンは外しても外さなくても、どちらでもOKです!

 

なぜ一番下のボタンは締めないのでしょう?

一番下のボタンを開ける理由としては、もともと一番下のボタンは「飾り」としてつけられていて、開けて着ることを前提にシルエットが作られているためです。無理に留めるとシワができたりして、シルエットが崩れてしまう可能性があります。
中世の時代から、ボタンには装飾(アクセサリー)としての意味合いが強く、それが現代のスーツのデザインとして残っているのが、歴史上有力な説と言われています。

 

ボタンを外していいのは?

反対に椅子に座っているときは、スーツにしわができるので上着のボタンを全部外すのが基本です。ただ、商談や面接など大切な場面では一番下のボタン以外は留めておくのがよいでしょう。

 

もともと一番下のボタンは「飾り」としてつけられており、無理に留めるとシワができたりして、
シルエットが崩れてしまう可能性
があります。

ボタンを外してると一見だらくなく見られがちですが大切な
マナーです。
最も映えるボタンの見せ方をしてあげましょう♪