嫌いな言葉”努力とがんばる” (byジョナさんの孫)

と、まずテーマで度肝を抜いて。

 

 

僕の持論なのですが、

サッカーやっていても仕事していても同じで

自分は努力した…はただの自惚れた自己満足

だと思っているんですね。

 

3年の努力より1年の工夫!

 

努力した…とは第三者視線の評価であり

工夫の継続が結果となり

客観的に見て努力しているな…というのは

その結果に対してのあいまいな評価だと思うのです。

 

ということで、あいて(部下や後輩)に対して

努力が足りない!頑張りが足りない!

と、いう言葉はけっこう的外れであり、

 

工夫が足りない!

 

というのが僕の中では正解だと思っています。

 

好きなサッカーでいえば

シュートを決めるには…

 

シュートの精度をあげるのか?

その前のファーストタッチをどこに置くのか?

そのファーストタッチを行うためにはパサーに対してどういった体の向きを向けるのか?

そのファーストタッチを行うスペースへどういったタイミングと角度で入るのか?

ボールのない場所で何に対してファーストアクションをおこすのか?

 

これ例えば…でなしにガチで考えてやっています。

まあ、なかなか100%行うには難しいですが(笑)

 

でも…なるほど、こんなこと考えながら練習しているから

この考えに気が付いたのか。

 

さいきん長女が部活を卒業し

高校入学に向けて勉強を頑張ってやっていますが

やはりここでも僕はガンバレ・努力しろ、の類は口にしません。

 

今の状況がどうなのか?

娘には何が足りないのか?

それを補うにはどうすればいいのか?

それを最も効率的に行うにはどうしたらいいのか?

結果に対して何が評価基準になるのか?

 

これをなるべく娘の言語レベルで理解できるように

解いていますが…今回の中間テストは…ぐはっ!!

 

 

でもこうやって物事を本質から考えて

それにもとづいて行動すると

けっこう思ったように結果が出てきたりします。

 

 

ぼくの38年の人生でやっと最近気が付いたことです。

 

 

あと心の運用も最近気が付きました!

それはまた書くこととします。

 

 

独り言なので、賛否はご遠慮申し上げ御座候♪

 

 

コメント

コメントはまだありません。

コメントする