原尾島店西野のこの冬、チェックを要チェックやぁ(彦一風)

今年、エルガルディでは

チェック柄(色々あるけど)が豊富に仕入れ出来ました。

「なんでこんなにチェック仕入れすんのかな?」

なーんて流行にうとい僕は思っていましたが
(それじゃいかんのですが)

意識してTV見てみると

チェック柄のジャケットorスーツ来てる人の

まぁ…多いこと多いこと。

 

いゃぁーー、ダメですね。ちゃんとアンテナ張っていないとf(^^;)ポリポリ

 

で、思いついたのが

「ブログのネタになる!!」ってことで

ちょっと今年用意できたチェック柄

写真に撮ってみました。

 

チェックその壱

SN3I0004

 

ベースカラーがグリーンのタータンチェック。

このタータンチェックってスコットランドのハイランド地方で

民族衣装に使われていたらしい。

 

チェックその弐

SN3I0005

 

これもグリーンベースのタータンチェックですね。

なんかマドラスチェックっぽいような気もするけど

多分いろいろな色彩・柄行きになるから

これが絶対これ!!って定義はないような気がします。

気に行ったらそれで良し!!なのでしょう。うん。

 

チェックその参

SN3I0006

 

これはタッタソールって柄ですね。

ロンドンの馬市場を創設した

リチャード・タッタソールさんにちなんだ名称らしいです。

紺がベースになっています。

 

チェックその四

SN3I0007

 

これはタータンチェックになるのかな?

マドラスチェックを足して割る二にしたようなチェックです。

色々ありますね。

 

チェックその五

SN3I0008

 

これはトーンオントーンチェックでしょうか?

同系色の格子に重ね合わせて構成されたチェックですね。

実物は車道っぽい感じでシブいです。

 

チェックその六

SN3I0009

 

これはトーンオントーンとタータンを足して割ったような感じで

原尾島店ではこの冬、二着ほど上下で注文受けています。

出来上がったら写真アップしようかな…

 

チェックその七

SN3I0010

 

これは紺ベースのオーバーチェックです。

格子柄の上にウィンドーペンという線だけの格子を重ね

構成された格子柄です。

 

 

以上、ってか他にもありますが

現在エルガルディでご用意できる格子生地の紹介でした。

 

僕も次は格子の3ピース、挑戦しようかな(笑)

 

コメント

コメントはまだありません。

コメントする