タキシード

タキシード

燕尾服の裾を切り落とし、ジャケットレングスにしたもの。
燕尾服より堅苦しくなく気軽に着られることからリゾート地でのディナーウェアとして英国で流行しました。
語源の一つとしてアメリカ・ニューヨーク州の「Tuxede Park~タキシードパーク~」で第一回目の上流階級社交会「タキシードクラブ」が開催されたことに因んでいます。”夜の準礼装”として用いられます。

タキシード着用の場面

午後からの結婚式及び披露宴での、新郎をはじめ新郎新婦のお父様や主賓
夕方から夜にかかる各種式典やパーティーに出席の方
「ブラックタイ」と服装指定のパーティー


ジャケット シングル・ダブルどちらでも可。
色は黒の他、ダークグレーや濃紺の無地でノーベントが最適。
タキシード:ジャケット・スラックス
スラックス 側章1本付き
シャツ 白無地でウイングカラーまたはレギュラーカラーのプリーツ付き。
シングルかダブルカフス。前立ての釦を見せないことがマナーのため、比翼仕様またはスタッドボタン仕様のシャツを着用。
タキシード:シャツ
タイ

黒の蝶タイ&カマーバンドが基本。
着用シーンにより、色柄の蝶タイ&カマーバンドや蝶タイまたはクロスタイ。
バロックタイと合わせても良い。

タキシード:タイ&カマーバンド

黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥ、またはパンプス

タキシード:靴
アクセサリー

チーフ:綿・麻またはシルクの白無地。

カフス:黒蝶貝やオニキスが最適。スタッド釦はお揃いを。

サスペンダー:黒無地。

タキシード:アクセサリ