ディレクターズスーツ

誕生は第2次世界大戦前。
ディレクター(重役)の執務服として欧米で流行しました。
その名の通り”重役クラス”の格調高いフォーマルスタイル”昼間の準礼装”として用いられます。

ディレクターズスーツ着用の場面

昼間の結婚式及び披露宴での、新郎をはじめ新郎新婦のお父様や主賓、上司の方など
各種式典やパーティーに出席の方
昼間の慶事で、ブラックスーツよりワンランク上の装いとして着用する場合



ジャケット シングル・ダブルどちらでも可。
色は黒の他、ダークグレーや濃紺の無地でノーベントが最適。

 
ディレクターズスーツ:ジャケット・ベスト
ベスト ジャケットと共布か、ウールやシルク素材のグレーまたはオフホワイト。
スラックス 黒の無地またはコールズボン。裾はシングル。 ディレクターズスーツ:スラックス
シャツ 白無地でレギュラーカラーまたはウィングカラーで、シングルかダブルカフス。 ディレクターズスーツ:シャツ
タイ

タイ:
シルバーグレー、白黒の縞の結び下げまたはアスコットタイ。

カフス:
ゴールドまたはシルバー台に、真珠・白蝶貝等の白石。

ディレクターズスーツ:タイ

黒のキッドやカーフのストレートチップやブレーントゥ。

ディレクターズスーツ:靴
アクセサリー サスペンダー:白黒の縞。
チーフ:白で麻かシルク素材のもの。
ソックス:白黒の縞が基本。または黒無地。
ディレクターズスーツ:アクセサリ