ブラックスーツ

ブラックスーツ

いわゆる”略礼服”として昼夜を問わず冠婚葬祭などに広く着用されています。
ディレクターズスーツをヒントに1960年代慶事には縞ネクタイをしていましたが、1970年代には白ネクタイも組み合わさり現在の形に定着してきました。
日本独自の礼服であり、海外では単に黒いスーツと見なされますので、注意が必要です。

ブラックスーツ着用の場面

昼夜問わず、一般的に行われるほとんどの慶事・弔事列席者に。
 結婚式や披露宴、各種式典及びパーティー・葬儀・告別式など。


ジャケット シングル1釦、2釦、3釦、ダブル4釦、6釦などバリエーションは豊富。 ブラックスーツ:ジャケット・スラックス
スラックス ジャケットと共布で裾はシングル。
シャツ レギュラーカラーまたはウィングカラーで白が基本だが、パステルカラーも可。
シングルかダブルカフス。
ブラックスーツ:シャツ
タイ

白黒やシルバーグレー、淡色などの無地や縞の結び下げ。
アスコットタイ、蝶タイ、クロスタイなどをシルクベストとコーディネートして着用するとお洒落。

ブラックスーツ:タイ&カマーバンド

黒のキッドやカーフのストレートチップやプレーントゥ。

ブラックスーツ:靴
アクセサリー

カフス:ゴールドまたはシルバーに台に、真珠・白蝶貝等の白石。

チーフ:綿・麻またはシルクの白無地かシルバーグレーが一般的。色物や柄物でも可。

ソックス:黒無地。

ブラックスーツ:アクセサリ