フォーマルスーツ・礼服のマナー

フォーマルウェアには「正礼装」「準礼装」「略礼装」があります。

フォーマルウェアでは昼と夜で服装を変えることが求められます。
モーニング・ディレクターズスーツなどの昼の礼装を着用する時間は午前中から18:00(冬は17:00)までとされています。18:00以降(冬は17:00以降)は燕尾服、タキシードなど夜の礼装を着用します。
ダークスーツを着る時は昼のチャコールグレー、夜はミッドナイトブルーをお薦めします。

パーティーなどの招待状に「ホワイトタイ」とあれば”燕尾服”の着用を意味します。「ブラックタイ」は”タキシード”を着用します。

「平服でお越しください」と書かれているときはダークスーツを着用します。


フォーマルチャート


  昼(午前中~18時) 夜(18時移行)
正礼装 モーニングコート

モーニングコート
MORNING COAT

格式高い行事には欠かせない装い。
お慶びはグレーベストの代わりに白襟付き共地ベストも。

詳しくはこちら

テイルコート

テイルコート
TAIL COAT

第一級の格式高い夜の正装。
すべて白と黒でまとめるのが基本。
1
     詳しくはこちら

準礼装 ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツ
DIRECTOR’S SUIT

昼間の準礼装としてすっかり定着。
ジャケットは黒のほかダークグレーや濃紺も。

詳しくはこちら

タキシード

タキシード
TUXEDO

パーティーやクルーズ、何かと着る機会が多いタキシード。
是非一着は持っておきたいアイテム。

詳しくはこちら

略礼装 ブラックスーツ

ブラックスーツ
BLACK SUIT

日本のあらゆるシーンで活躍。
シャツやネクタイはオケージョンに合わせて
コーディネートを。

詳しくはこちら